究極の三次元モータースポーツ 第3戦日本開催!「RED BULL AIR RACE CHIBA 2016」AVIREXがナショナルパートナーに決定

究極の三次元モータースポーツ 第3戦日本開催!
「RED BULL AIR RACE CHIBA 2016」
AVIREXがナショナルパートナーに決定

究極の三次元で争うモータースポーツシリーズ「Red Bull Air Race World Championship 」2016年シーズンの第3戦目を昨年に引き続き千葉市幕張海浜公園にて開催します。
世界トップクラスのレースパイロットたちが高速で機動性に優れたレース専用の飛行機を使用し、高さ25mの空気で膨らませたパイロンで構成する低空の空中コースを、最高時速370km、最大重力加速度10Gの中、操縦技術、判断力、体力そして精神力の限りを尽くして、タイムを競い合う世界大会です。
大会はニューヨークをはじめ、バルセロナ、リオデジャネイロ、ロンドンと世界有数の都市で開催されてきました。そして昨年、ついに日本での初開催が実現!「レッドブル・エアレース」史上最多となる延べ12万人が来場。テレビ、雑誌、インターネットを通じて、全世界で億単位を超える人々が「レッドブル・エアレース千葉」に熱狂しました。
AVIREXは昨年に引き続き、記念すべき千葉大会のナショナルパートナーとして、1200名におよぶ大会スタッフのジャケットとポロシャツを制作、提供いたします。

第1戦  アブダビ(UAE)  3月11、12日
第2戦  シュピールベルク(オーストリア)  4月23日、24日
第3戦  千葉(日本)    6月4日(予選)、5日(決勝)
第4戦  ブダペスト(ハンガリー) 7月16、17日
第5戦  アスコット(イギリス)  8月13、14日
第6戦  ラウンジッツ(ドイツ)  9月3、4日
第7戦  インディアナポリス(アメリカ) 10月1、2日
第8戦  ラスベガス(アメリカ)   10月15、16日

各レースでタイムの最も速いパイロットが勝者となり、降順でポイントを付与。シリーズファイナルレースのラスベガス大会後に最も多くのポイントを獲得したパイロットに“レッドブル・エアレース・ワールドチャンピオン”の称号が与えられます。 昨年、表彰台に2度上った唯一の日本人パイロット「室屋義秀」も千葉大会での表彰台を狙っています。
3月1日から始まるCMにはレッドブルが“ロック・シーンに翼をさずける”をテーマに行っている音楽プロジェクト「RED BULL Live on The Road」のオフィシャル・サポートバンドである、SiM(シム)とCrossfaith(クロスフェイス)という日本のラウド・シーンを牽引するバンド2組がコラボした楽曲「GET iT OUT」が使用されます。
AVIREXも大空に挑んだアヴィエーターを称える「空の王様」の名のもと、パイロットたちの命を守るフライトジャケットの開発に心血を注いできた歴史とスピリッツを背景に、エアレースに果敢に挑戦する選手たち、それを支えるスタッフたちをサポートします。

Red Bull Air Raceに関する詳細は http://rbar.jp をご覧ください。